賢く婚活するなら結婚相談所で相手を探しませんか?

新郎新婦

焦らず選ぶことが大事

夫婦

結婚適齢期に入ると、親や親戚からも「恋人はいるの?」「結婚はしないの?」と結婚をせかされることが多くあります。大きなお世話だと思いながら、やはり「自分は結婚できるのだろうか?」と不安を持っている人が多いのではないでしょうか。婚活エッセイで成功の話があると結婚相談所に興味を示すけれど、結婚相談所の情報や、婚活パーティ情報を見ては、「そんないい人なんていないよね」と画面を閉じるのを繰り返しているだけでは、その結婚への不安は燻ぶるばかりで何も解決しません。結婚したいなら、不安でも行動あるのみです。行動と言っても自分磨きをするわけではありません。自分磨きにお金と精神をかけるほど、相手も同じように努力していないと許せなくなるからです。自分磨きは、小奇麗にしてちょっとのお化粧で十分なのです。後は「女は愛嬌」というように、笑顔で相手の話を聞いて返せていれば、相手からの好印象は得られます。婚活における行動をしていて、かなりの期間かけても相手が見つからないといった不安や不満を抱える人というのは総じて、プライドや、こだわりが強い人が多いそうです。婚活において、男性は自分より少し下のレベルの女性を選ぶそうです。女性は逆に自分のレベルより上を選びます。これが同じレベル同士になるとお互いの狙い目から外れやすくなってしまうのです。成功したいなら範囲を大きくもって、おおらかに相手探しをするのが一番でしょう。条件ばかりに目がいきがちですが、結局、長く一緒にいる人はフィーリングや一緒にいて楽しいかを選ぶのが重要です。